読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めざせ世界一周の旅!

36歳…金なし、職なし、妻もなし…おまけに語学力も度胸も身長も160センチしかない…そんな、なーんもない男が世界一周することをめざすブログである!!~これまでに行った海外旅行日記や旅の独り言、ちょっと怪しいプチ夜遊び話まで自由に楽しく書いていきたいと思います~

寝台列車でいざチェンマイへ!! #12

列車の時間が近付いてきたので、まずは三輪タクシーのトゥクトゥクでフアランポーン駅へと向かいます!!


f:id:taka1980611:20161021231117j:image

やっぱり、トゥクトゥクは気持ち良い~♪

排気ガスはモロにくらいますけどね( ̄∀ ̄;)

 

 

 

そして、フアランポーン駅に到着!!

出発まではこちらで待機です!!
f:id:taka1980611:20161021231223j:image

コンビニのようなお店があるので、そこで飲み物とお菓子を購入!!

 

やっぱり、列車の旅はワクワクする~♪

 

 

そして、上の掲示板で時間を確認して、時間になったら搭乗です!!
f:id:taka1980611:20161021231328j:image

 

こちらの列車で向かいますよ!!
f:id:taka1980611:20161021231004j:image

 

行き先や時間はここに出てるので安心です!!
f:id:taka1980611:20161021230907j:image

 

さぁ、初チェンマイへ向かうぞぉ!!
f:id:taka1980611:20161021231801j:image

列車に乗り込んで、まずは自分の席を探す!!

対面で座れるようになってる、二人掛けのシートです!!

 

車内は様子はこんな感じ!!
f:id:taka1980611:20161031073739j:image

 

乗車券で確認しながら自分の席を探してみる!!

すると、前の席にはもう先客が…

 

 

んっ、日本人の方かな?

…と思いながらも、人見知りが発動して声をかけれない(-ω-;)

 


とりあえず僕の席にリュックを置かれていたので、日本人か確かめるためにも日本語で「すいません」と声をかけてみる!!

 

しかーし、荷物はどかしてくれたものの、なんの言葉も発しない!!

 


んっ、韓国か中国の方なのかな??

 


若い男の子だけどキャップを深く被って顔はよく見えない…

 

結局わからないまま、無言の時間だけが過ぎていきます…

 

 


すると急に話しかけてくる男の子!!

 

「これ、7時半に出発ですよね?」

 

時計の針はすでに夜の8時近く…30分の遅れです!!


「あっ…はいっ、なんか遅れてるみたいですね!」

 

急だったので、慌てて答える僕…

あぁ、やっぱり日本人の方だったんだ!!

 


そして話してみると、とても良い方で初めての1人旅で緊張してたみたいです…

 

歳は20才の男の子!

大学の休みを使って、10日間ぐらいの旅に出てきたらしい!!

 


でも20歳で1人旅を決意できるのが凄いなぁ…

俺なんて36歳でようやく決意できたのに…

 


そして、いろいろお話をさせてもらって、とても楽しい時間でした!!

 

やっぱり1人旅ならではの出会いって、なんかいいですね!!

 

これが誰かと一緒の旅だと、その人とだけ話してて、こうはいかないだろうし…

 

 

そして列車は45分遅れでようやく動き出しました!!


f:id:taka1980611:20161021231606j:image

しばらくお話をさせてもらっていると、周りの席の方たちがどんどんイスからベッドに変えてもらっている!!

 

僕たちもスタッフの方に声をかけて、イスからベッドに変えてもらいます!!

 
f:id:taka1980611:20161031084423j:image

うんっ、手際がいいですなぁ~!!

 

 

そして、日本人の男の子に挨拶をして、僕は下段のベッドに横になる!!

 

 

 

窓から見える外の景色はもう真っ暗で、そこをボーッと見つめてみる…

 

暗闇が旅の不安と緊張を洗い流してくれて、なんだかとても心地いい…

 

あぁ、やっぱり旅っていいなぁ…

 

あっ、ちなみにトイレはこんな感じ~♪
f:id:taka1980611:20161031090211j:image

線路にそのまま垂れ流しちゃうんだって!!

 

…って、急にトイレの話!Σ (´Д`ノ)ノ

今までかっこよく語ってたんじゃないの!?

 

 

そして、列車は大きな音と震動を揺らしながら進んでゆく…

 

最初は気になっていた音と揺れも、次第に僕を眠りへと誘ってくれる…

 

さーて、オネショしないように線路に垂れ流してから寝るとしようかな…

 

…って、最後もトイレの話か~いヽ(*`д´*)ノ

 

 

でも、やっぱり寝台列車は楽しいなぁ♪