読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めざせ世界一周の旅!

36歳…金なし、職なし、妻もなし…おまけに語学力も度胸も身長も160センチしかない…そんな、なーんもない男が世界一周することをめざすブログである!!~これまでに行った海外旅行日記や旅の独り言、ちょっと怪しいプチ夜遊び話まで自由に楽しく書いていきたいと思います~

僕の好きな旅作家さん&オススメ旅行本 Part.2!!

みなさん、素敵なお正月を過ごしていますか??

 

初詣に行ったり、おみくじ引いたり、旅行本を読んだり、お正月らしいことはしましたか??

 

初売りセールで買い物したり、福袋を買ったり、旅行本は買いましたか??

 

 

…ということで、今回はそんなお正月にピッタリの旅行本を紹介したいと思います!!

 


…って、話の持っていき方にムリがあるわぁΣ(`∀´ノ)ノ

旅行本だけ、お正月と関係ないやんけぇ~!!

 

 

まぁ、でもコタツでのんびりしながら、読者をするようなお正月の過ごし方も良いもんですからね( ̄▽ ̄)


…ということで、僕がオススメする旅行本です!!

 

 


まずは石田ゆうすけさんの「行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅

行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)

行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)

 

 自転車で世界一周しちゃう物語です!

とても読みやすくて、すごく面白かったです( ̄▽ ̄)

 

同時に自転車での世界一周は僕にはムリだなと感じた本です…

だって、めちゃくちゃハードそうなんですもん(*>ω<)

 

でも自分が出来ないことを、経験した気分になれるのが本の良さですよね♪

 

 

 

 


そして、岡崎大五さんの「だましだまされ生きるのさ

だましだまされ生きるのさ (文芸シリーズ)

だましだまされ生きるのさ (文芸シリーズ)

 

 添乗員シリーズで有名な作家さんです!!

こちらのシリーズも面白いですが、あえてこちらの作品をチョイスしてみました!!

 

作者の岡崎さんが家庭と仕事のある年配の友達とタイに行くというお話です!!

 

僕も歳をとったせいか、共感できる部分も多く、何度も読んだ作品です♪

 

添乗員狂騒曲 (角川文庫)

添乗員狂騒曲 (角川文庫)

 

 

 

 

そして、たかのてるこさんの「モンキームーンの輝く夜に

モンキームーンの輝く夜に (幻冬舎文庫)

モンキームーンの輝く夜に (幻冬舎文庫)

 

はいっ、めっちゃ有名な旅作家さんですよね!?

たかのさんの「ガンジス河でバタフライ」は宮藤官九郎さん監督、長澤まさみさん主演でドラマ化もされたし…

 

テレビ番組の「世界ナゼそこに?日本人~知られざる波瀾万丈伝~」にはいつもゲスト出演されています!!

 

そして、僕が初めて一人旅をする前に読んだのが、この作品なんです!!

 

こちらはラオスに行って恋をしたというお話なんですが、僕が初めて一人旅したのもラオスだったもんで…

まぁ、僕はラオスで恋はしませんでしたけどね(/_<。)

 

でもこの作品でたかのさんが楽しそうに旅していたので、すごく安心したのを覚えています♪

 

ガンジス河でバタフライ (幻冬舎文庫)

ガンジス河でバタフライ (幻冬舎文庫)

 

  

 

  
以上、僕の好きな旅作家さん&オススメ旅行本でした!!

 

 

お正月旅行に行きたかったけど、行けなかった方…

旅行には行きたいけど、寒くて外には出たくないという方…

 

旅行本はコタツの中でも、旅行に行った気分になれるので、とてもオススメですよ( ̄▽ ̄)

 


 

 

添乗員奮戦記 (角川文庫)

添乗員奮戦記 (角川文庫)

 

 

 

 

taka1980611.hatenablog.jp